旅するように暮らしたい~仕事を辞めて世界旅行

旅好きの30代が10年ちょっと勤めた会社を辞めて、あちこち旅に出ています。

ワルシャワでちょっと一服

すっかりご無沙汰になっておりました。

継続して記事を書きたいと思いながら、一度止まるとなかなか再開できず。

しかし備忘録としてきちんと残したいので気力がある限り頑張ります。

 

ヴィリニュスからワルシャワまでの移動はLux Expressを使いました。

バルト三国に強いLux Express。

いつものFlixbusよりもバスの設備が良く、それほど混んでもいないのでLux Expressが運行しているところはこっちに乗りたいなと思うくらいでした。

ヴィリニュスからワルシャワまでは8時間30分ほどのバス旅。

朝早い便を利用して、昼過ぎにワルシャワに到着しました。

 

ワルシャワ、私はまだまだ地理が把握できてなくていつも迷うんですよね。

今回、電車だけでなくバスやトラムを使って移動したのですが、どうにも分かり難い。

東京に来て迷っている外国人観光客のような感覚でしょうか…。

歩いても行けそうなところにあるホステルを取ったのですが、だいぶ迷った気がします。

あと頼みのgoogle mapがたまに仕事をしないので、余計に迷ったのだと思います。

 

ワルシャワは二度目だったので、ガッツリ観光という感じでもなく、ポーランド料理を楽しみつつ公園で野外コンサートを楽しみました。

夏の期間、日曜だけ開催される野外コンサートはここでやります。

像の横にある日よけの下にグランドピアノが。

f:id:minato-log:20190811103318j:image
f:id:minato-log:20190811103328j:image

日差しが強くて焼けそうになりながら、楽しんできました。

特にやりたいこともなかったので早めに着いて待っていたら、みるみるうちに人が増えていく。

f:id:minato-log:20190811103218j:image

 

レジャーシートを持っていればギリギリの時間でも大丈夫ですが、ベンチに座りたかったら早めに行かないと駄目なようです。

 

 

ワルシャワではちょっと体を休めつつ、今後の計画を立て直そうと思っていたので宿でひたすら旅程の見直しをしていました。

ポーランド→ドイツ→デンマークノルウェーと移動することを決めていたので、フェリーの時間を見ながら計画を練り直し。

するとドイツでゆっくりする予定を変えなければいけないことが判明。

すでにハンブルグ、ベルリンの宿は取っていたのですが、泣く泣く諦めました。

 

でもどうしてもドイツからデンマークへの「渡り鳥ライン」に乗りたかったんですよ。

この渡り鳥ライン、電車のままフェリーに乗れるっていうものなんですよね。

日本では滅多にお目にかかれないことと、もうすぐ廃止されると聞いたのでその前にどうしても乗りたくてちょっと奮発しました。

基本的にはお金はかけませんが、今回は「色々な船に乗る」ことを旅のテーマにしているので、そこまでケチるのは却って勿体ない。

デンマークコペンハーゲンに行く予定なのですが、そこからオスロまではまたフェリーを利用します。

 

日本では敷居の高い船旅も、ヨーロッパだと気軽に乗れる値段だから嬉しい。

しかもフェリーは夕方出港して朝着くものも多いので、寝ている間に移動出来てしまうんですよね。

フェリーについては改めてどこかで書きたいと思うので、参考にして頂けたら嬉しいです。

これまでの渡航歴(メモ)

自分メモとして

 

2019.8現在

*アジア圏*

 インド(ニューデリー、アーグラーなど)

 台湾(十一回)

 モンゴル(六回)

 インドネシア(バリ島)

 中国(三回)

 韓国(三回)

 フィリピン(二回)

 シンガポール(二回)

 ベトナムハノイを中心に北側)

 香港

 

*ヨーロッパ*

 ドイツ(四回)

 オーストリア(二回)

 ロシア(モスクワとサンクトペテルブルク

 イタリア(二回)

 バチカン市国(イタリア旅行の目的だった)

 フィンランド(二回)

 スウェーデン(二回)

 スペイン(バルセロナのみ)

 チェコプラハ

 ハンガリーブダペスト

 スロバキア(バスの休憩で昼食を取っただけ)

 ポーランド(二回)

 スイス(バスの休憩で降りて昼食を取っただけ)

 エストニア(タリン)

 ラトビア(リガ)

 リトアニア(ヴィリニュス)

 デンマークコペンハーゲン

 ノルウェーオスロ

 

アメリカ大陸*

 アメリカ(ニューヨーク、グアム)

 カナダ(二回)

 

*その他*

 オーストラリア(西側とタスマニア

 南アフリカ共和国ケープタウン

 モーリシャス

 パラオ共和国(二回)

 

 

 結構あちこち行ってますね。

カウントしたら34か国。

あと上陸はしていませんが、南極大陸の近くにも船で行っています。

リトアニアのヴィリニュスから日帰りでトラカイへ

ラトビアのリガからリトアニアのヴィリニュスへは、毎度のことながらバスで移動しました。

やっぱりバスは一番安価な交通手段だと思います。

バルト三国ではLux Expressというのを使ったのですが、よく使っているFlixbusよりも正直なところワンランク上で快適。

もっとあちこち走ってくれたらLux Express使ってしまうのにな~なんて思うくらいに良かったです。

Lux Expressの良さについてはまた改めてどこかで書こうと思います。

 

ヴィリニュスのバスターミナルを降りた時、ちょっと整備されていない雰囲気があったので大丈夫かなと多少不安は覚えたんですよ。

降りた瞬間、ヤバいと思ったハンガリーで偽警察に金をとられた経験があるので、そんな感じの国だったら嫌だなぁと。

ですがさすが安心と安全のバルト三国、安全については全く問題がなかったです。

それに街はとても綺麗でした。

f:id:minato-log:20190617234917j:image

スーツケースをガラガラと引きながら、今回はまずゲストハウスに一泊。久し振りの一人部屋でとても快適でした。

ちなみにヴィリニュスでは二泊しましたが、ゲストハウスは人気で一泊しか取れず、もう一泊はホステルに泊まりました。

 

街歩きはやはりどこも素敵なのですが、タリン、リガと多少違うながらもどこか似たような街並みを見てきてそろそろ食傷気味。

ということで、日帰りできる場所がないか調べて出てきたトラカイへ行ってきました。

 

トラカイ、なんて聞いたことがない方がほとんどだと思いますが、「ドラクエの城」と呼ばれているトラカイ城が有名なところらしい。

湖の中に浮かぶ古城……まさにダンジョンの香り。

30代半ばの私はドラクエ、FF世代なので気になって行ってみることにしました。

 

バスは長距離バスと同じバスターミナルから出ています。しかも結構な頻度で出ているので、とりあえず行ってみればどれかに乗れます。(とは言いつつタイミング悪いと30分くらい待ちますが)

片道2ユーロと超お得! バスでおよそ40分ほど走ったところにトラカイの街はありました。

トラカイ城までは歩けると聞いていたので、ちょっと距離はあるものの徒歩で移動。

途中から湖畔の散歩道を歩いたのですがこれが気持ち良くて。そこを歩いているだけで、トラカイに来て良かった~なんて思ってしまうほどでした。

f:id:minato-log:20190617235047j:image
f:id:minato-log:20190617235055j:image
f:id:minato-log:20190617235041j:image

 

お城に向かうには橋を渡る必要があります。

その橋を渡ったところで、一人5ユーロで船に乗れるよ、と言われてつい乗ってしまった。これもまた良かったんですよね。

湖から見るトラカイ城はまさにドラクエの世界~。

f:id:minato-log:20190617235219j:image
f:id:minato-log:20190617235229j:image
f:id:minato-log:20190617235234j:image
f:id:minato-log:20190617235209j:image
f:id:minato-log:20190617235238j:image

なんかFF的な画面の美しさではなく、素朴な色遣いがドラクエ的なイメージなのだろうなと思いました。

 

30分ほどのクルーズがあまりにも気持ち良かったので、船頭のお兄さんにチップをあげたら喜んで貰えました。

これで5ユーロはかなりお得な気がします。

また機会があれば船に乗りたいな、と思いつつお城の中へ。

 

お城の中もやっぱりダンジョンみたいで楽しかったです。

ドラクエの城、と言われているのも納得な空間。

狭い階段を下りていくところなんか、まさに敵に遭遇するのではないかとドキドキしそうなほどの雰囲気です。

f:id:minato-log:20190617235345j:image
f:id:minato-log:20190617235350j:image
f:id:minato-log:20190617235357j:image
f:id:minato-log:20190617235338j:image
f:id:minato-log:20190617235401j:image

 

ヴィリニュスから日帰りで充分楽しめるトラカイ、もしまたバルト三国に旅行出来るとしたら一番行きたいところかもしれません。

特にこの時期は空気が爽やかで景色が綺麗で、とっても良かったです。

 

バルト三国はどこもそれほど物価は高くないのですが、タリン→リガ→ヴィリニュスと移動する度に、少しずつ安くなっていった気がします。

なのでヴィリニュスが一番安いのに美味しいものが食べられました。スーパーのお惣菜とか安いのに美味しかったです!

どこの国が一番好きかと聞かれたら、リトアニアと答えるかもしれません。

日本人にはあまり馴染みのない国ですが、安全ですし街は綺麗ですし間違いない。

観光地を巡りたければタリンが一番で、リガとヴィリニュスはそれほど観光地らしい観光地がある訳ではありませんが、良いところでした。

 

ヴィリニュスに心を残しつつ、次は二度目のポーランドです。

実はポーランド、ドイツは飛行機使って飛ばそうとも考えたのですが、やはりお金の問題でバスになったので少しだけ寄ることにしました。

北ドイツはまだ行ったことないというのもありましたしね。

行き当たりばったりの旅ですが、一回目の旅行よりはまだましなのではないかなと思ったりしています(笑)

ラトビアのリガをサクッと紹介

エストニアについてまだ書いておきたいことはあるのですが、先に進まないと色々忘れるので次の国に行きます(笑)

 

エストニアのタリンからラトビアのリガには長距離バスを使って移動しました。

タリンのバスターミナルはトラムを使わないと行けないところにあるのでちょっと注意が必要。

買ったタリンカードというSuicaのような交通カード、バスターミナルでも返せて2€返ってくると聞いていたのですが、インフォメーションが開く時間とバスの出発時刻が一緒だったので返せませんでした。

残念。

仕方ないので記念に持って帰ることにします。

 

リガのバスターミナルは旧市街の端まで徒歩で10分くらいのところでした。

だから交通機関を使う必要なし。ちなみに旧市街も小さくまとまっているので特にバスに乗るようなこともありませんでした。

 

一言でバルト三国と言っても全然違うんだな、と思ったのはバスを降りた瞬間の空気。

f:id:minato-log:20190616024551j:image

タリンは北欧の風を感じましたが、リガは少しエスニックな雰囲気が混じっているように思いました。(私見

f:id:minato-log:20190616024710j:image

街はそれなりに清潔なのですが、何故か良くも悪くも雑多な雰囲気があり、ただ私はそれが嫌いではなかったです。

綺麗なところしか撮って来なかったので分かりにくいかもしれませんが。

タリンは観光地巡るのにちょっと距離があるので歩くと疲れますが、リガはそれほど距離はないので楽。散策が楽しかったです^^

 

絶対行って欲しい、と思うのが聖ペテロ教会のタワー。

街が360度見られて本当に綺麗でした!

f:id:minato-log:20190616024923j:image
f:id:minato-log:20190616024917j:image
f:id:minato-log:20190616025350j:image
f:id:minato-log:20190616024929j:image

 

あとリガではあちこちの教会からオルガンの音が聞こえまして。

寄付だけでコンサート聞かせて貰ったり、入場料(1.5€)で練習しているところを見られたり、音楽好きなのでとても楽しかったです。

コンサートホールで聞くよりも荘厳で迫力があるように思えるのは空気が違うからなのでしょうか。

あと教会の方がホールより小さいので音響も良いですよね。

こういうのは現地でしか体験出来ないことなので、とても豊かな気持ちになります。

 

リガはタリンよりさらに少し物価が安くて、お惣菜量り売りの良いスーパーを見つけたんですよ。

なので外食はほとんどせず、ほぼそのスーパーで生活をしていました。

f:id:minato-log:20190616025107j:image
f:id:minato-log:20190616025101j:image

だいたいこれ一つで3ユーロくらい。

かもたまたまそこだけかもしれませんが、結構ポーランド料理っぽいものが多くて、ついついそればっかり食べてしまったり。

 

リガも二泊しましたがとにかく暑くて、一日だけ耐えられずにビール飲みに行きました。

これ下さいって写真を撮ったのを見せたら、何か言われたのではいって答えたんですよね。

f:id:minato-log:20190616025212j:image

「ここで飲みますか?」的に聞かれたんだと解釈したんですよ。聞き取れなかったんですけど。

で、来たのがこれ。

f:id:minato-log:20190616025237j:image

「2杯ですけど良いですか?」って意味だったようです。

 

まあ、結局その2杯を飲み干した挙句、追加でミモザまで頼みました。

普通のピザのお店だったのですが、ミモザのオレンジがちゃんと搾ったオレンジでとても美味しかったです!

またリガに行ったらあのお店には行きたいなと思いました。

 

他にも博物館やフェリーターミナルやら見には行きましたが、ひとまず印象に残ったことだけ。

時間が出来た時に書けたら追加で書きたいと思います。

 

次に訪れたのはリトアニアビリニュス

ここがまた、タリンともリガとも違っていて面白くて。

さらにトラカイというとても好きな場所を見つけたので大好きな国になりました。

現在地はハンブルク

書ける時に記事を書こうと思っても、旅行中はなかなか時間が取れませんね。

基本的にホステルにいるので、ホステルの設備や同室の人次第で、パソコンを広げる環境じゃなかったりすることもあって。

節約旅行なので仕方ないのですが、ちょっと気を遣うところがたまに疲れます。

 

さて、記事はエストニアのタリンで止まっておりますが。

エストニアラトビアリトアニアポーランドを経て、現在はドイツにおります。

f:id:minato-log:20190612142359j:image

間もなくデンマークに渡り鳥ラインで移動する予定。

この渡り鳥ラインも今回の目的の一つなので楽しみです。

 

そしてオスロまでフェリーで往復して、スウェーデンを経て再びフィンランドを目指すのですが。

ふとスウェーデンにゴッドランド島という面白い場所があることを発見してしまったんですよね。

日程的にはまだ寄れるし、むしろ経由した方が帰り道になって良いかもしれないと思ったんです。

 

が、ここで一つ問題が。

コペンハーゲンからゴッドランド島に向かうフェリーがあるオスカルスハムンという街に向かう経路を確認したところ、一番確実なのが長距離バス。

しかもそれは一日一本しかなくて、真夜中に到着するみたいなんですよね。

02:00にバスターミナルに着いて私はどこへ行けば良いのか……。

時間潰せるような場所があるのならまだしも、バスターミナルがどこなのかさえ分からないので非常に不安です。

 

しかしせっかくの機会なのでゴッドランド島に行ってみたいなぁ。

体力的にかなり厳しい日程になるのですが頑張ってしまおうかな。

ということで、まだちょっと悩んでます。

エストニアのタリンで街歩き

出発前は何となくの位置と国名くらいしか知らなかったバルト三国

この旅行ではバルト海をぐるっと回ろうと決めて時計回りするか反時計回りにするか迷ったのですが、スカンジナビア半島の方が観光の本命で時間をかけて決めたかったので、時計回りに移動することに決めました。

本当はロシアのサンクトペテルブルクにもう一度行きたかったのですが、家の事情でギリギリまで旅程が決まらなかったので、ビザの申請を迷っていたんですよね。

出発まで数日あったのですごく頑張ればビザ取れたのですが、その分お金がかかるので諦めました。

サンクトペテルブルクには余裕をもってもう一度行きたいものです。

 

そんな訳でバルト三国は私にとって、自分なりに調べてはみたもののあまり情報がなくて良く分からないのでとりあえず行ってみよう、という国でした。

海沿いにあるし何か面白いものもあるだろう~なんていう適当な感じです。

 

たまたま旧市街のお祭りに日程が被ってしまったせいで、街から離れたところにあるホステルを取ることになった私。

ちょっと不便ではあったのですが、見てくださいこの街並み。静かでとても素敵。

f:id:minato-log:20190609152520j:image

トラムの線路に緑が溢れていて何だかアニメの世界みたい~。

f:id:minato-log:20190609152554j:image

と思いながら散策していたらやっぱり、タリンは魔女の宅急便の舞台になっているのではないかと言われているところの一つのようです。

f:id:minato-log:20190609152821j:image
f:id:minato-log:20190609152835j:image

f:id:minato-log:20190609152927j:image

 

ヘルシンキから来るとまず嬉しくなるのが物価の違い!

スーパーで350mlのビールが3€くらいしてたのに、ここでは500mlが半額くらいです。

スーパーのお惣菜も半額までは行かなくても何割か安い感覚だったので、思わず初日に色々と買い込んでしまいました。

もうね、船の免税店で買ったビールって何なんだろうという値段。

それはちょっと悲しかったのですが、せっかくなのでお酒買い込んでホステルで飲みましたとも。

馴染みのある感じの味わいで、飲みやすかったです。

 

エストニアを含むバルト三国は、人が親切で安全だよ、とガイドブックやブログに書かれているのを見ましたが本当にその通りでした。

ホステルで同室だった女性たち、夜の10時ころから街に繰り出して行くのを見ましたし。

困っていたら助けてくれるし、荷物持ってトラムに乗ってたら席に座りなさいって声を掛けてくれたり、危険な感じが全くしなかったです。

何だか日本よりも安全なんじゃないかと思ってしまうほど。

バルト三国のことってあまり聞かないので、行かないと分からないものだなぁと思いました。

 

フラフラ歩いていたら教会でオルガンコンサートがあったので聞かせて貰ったり。

「タリンに来たならぜひ食べてみて!」とあちこちで紹介されていたKompressorでビールを飲みながらクレープを食べてみたり。

f:id:minato-log:20190609152858j:image
f:id:minato-log:20190609152849j:image

ちなみにこのKompressor、クレープと500mlのビール一杯でだいたい8~9€くらいです。

気に入って2回行ったのですが、もっといろんな種類を試してみたかったなぁ。

声を掛けて相席させて貰った地元の方にも「ここ美味しいのよ!」って言って貰いました。

ボリュームはあるので一人一つ食べようと思うとかなりお腹を減らしていかないときついです。

甘いものよりお酒が好きなのでつい2回とも甘くないクレープを頼んでしまったのですが、次に訪れることが出来たら甘いクレープも食べてみたいと思いました。

 

見ごたえのある観光名所がある、という雰囲気ではないのですが、タリンは仲の良い友達や家族と訪れて、街を眺めながらカフェでまったりお茶をしたくなるようなところでした。

ヘルシンキに比べて街並みはだいぶ素朴な感じですが、ほとんどの人が英語が喋れるようですし、街はとても清潔です。

街は綺麗なのに石畳ががたがただったりして、ちょっと歩き難いところもあるのですがそれにすら愛嬌を感じてしまいます(笑)

 

そんな感じでタリンを記事一つでまとめておりますが、もう一つだけ紹介したいところが。

次の記事ではタリンの海に関する博物館を紹介したいと思います。

船旅でヘルシンキからタリンへ

今回の北欧旅行、一つの大きな目的はたくさん船に乗ることだったりします。

実は前職が船関係で、次の仕事も船の仕事を選ぶつもり。なので北欧の船に興味津々なんですね。

お金はそれほど掛けられませんが、乗れば色々分かるのでとにかく乗ろう、という魂胆で旅先を選びました。

 

ヘルシンキからタリンに向かうフェリー会社を調べたところ、主に三つ。

VIKING LINE

f:id:minato-log:20190605150644j:image

TALLINK

f:id:minato-log:20190605150128j:image

ECKERO LINE(Oにウムラウトが入ります)

f:id:minato-log:20190605150141j:image

↑乗ったのにちゃんとした写真を残してませんでした。

 

 

で、ダイレクトフェリーで検索すれば良いよ、というサイトを見つけたのでその通りに検索をかけました。

が、何となく検索結果に納得出来なかったので、VIKING LINEとECKERO LINEぞれぞれのサイトで確認したところ、自分にとって都合の良い時間帯が安かったのがECKERO LINE。

直接購入したところ、客室予約なしで24€でした。

ダイレクトフェリーは日本語で探せる分、少し高い印象を受けました。

英語で予約できるなら自分で予約するのが一番です。

送られてきたQRコードをゲートに入る時と乗船前の二回かざすだけなので、スマホがあれば印刷する必要はありません。とても便利。

フェリーターミナルの入り口

f:id:minato-log:20190605150423j:image

そして中です

f:id:minato-log:20190605150353j:image

 

しかも市内からはトラムで一本。T6または7に乗ればフェリーターミナルに着きますよ。

ちなみにターミナル1はあまり使っていないようで、ECKERO LINEとTALLINKの船はターミナル2に入るようです。

VIKING LINEはスメオンリンナ島に行くフェリー乗り場の近くにターミナルがあったので、おそらくそちらだと思います。(追記しました)

 

実は以前、一回だけ別の航路でVIKING LINEの船に乗ったことがあるんですよね。

なのでたぶん大丈夫だろうと踏んで自分で予約をしてみました。

前は長めだったのできちんと客室を予約しましたが、今回はどうせ2時間なのでと思って客室の予約はなし。そうすると適当なベンチで待つことになります。

お店に入ってお酒でも飲むのが一番なのかもしれませんが、外の景色を見たいわけですよ。なので展望デッキで風に吹かれながらずっと景色を見ていました。

 

ちなみに航路を航行中、船は左舷対左舷で行き合うことが多いので、他の客船を見たいと思ったら断然左舷側をオススメします。

ただ出港の時、左舷で接岸していることが多いので、出港時は右舷の方が楽しめるかも。

私は職業病、どうしても岸壁側が気になってしまって、つい左舷に居座ってしまうのですが。当たらないで出港できるかなぁと気掛かりで……なんて言ったら、失礼ですね。

 

フィンランドエストニアシェンゲン協定を結んでいる間柄ですが、出港すると間もなく免税店がオープンします。

私、これを今回は狙っておりまして。

ヘルシンキでは高かったお酒が安く買えたりしないかな~なんて思ってちょっと買い込みました。そしてそれをデッキで飲んでおりました(笑)

 

あいにくのお天気でしたが、船で飲む酒は美味しい~。

f:id:minato-log:20190605150607j:image

ただ後で分かったことですが、タリンに向かう皆様すごく買い込んでいるのできっとお買い得に違いないと思ったのに、ビールはタリンのスーパーで買った方が安かったです。

何でみんなあんなに買ってたの……銘柄が違うから?

悔しい思いをしたビールはまだスーツケースの中。だってタリンで買った方が安かったんですもん。

お酒が高い国に着いてから飲んでやる、という気分にもなってるのですが、持ち歩くのが大変なのでそのうち飲むと思います(笑)

 

約二時間の船旅はあっという間に終了。

フェリーターミナルは観光の中心になる旧市街からそれほど遠くはなく、ただ重い荷物を持って歩くのはちょっと辛いかなという感じなので、お金に余裕があればタクシーを使っちゃったほうが楽だと思います。

 

私は今回、市街地から少し離れたホステルを予約したので15分ほど歩いたところにあるバス停からバスに乗って向かいました。

何故かその日のタリン市内、ホテルもホステルもすごく混んでいて。

そんなに人気なのかと思ったのですが、たまたまフェスティバルを開催していたんですよ。

なので離れたところにあるホステルもすごく混んでいました。

ただエストニアフィンランドより物価が安くて、外食も楽しめたのでその話はまた次に。